デジタルカメラ比較
 デジタルカメラ購入NAVI
  デジタルカメラ購入NAVI ホームコンパクトデジタルカメラ
 デジタルカメラ比較

高倍率ズームデジタルカメラ比較
・ソニー サイバーショット H5 ・キャノン パワーショット S3 IS
・パナソニック ルミックス FZ50  ・ファインピクス F6000fd 他
高倍率ズームデジタルカメラの特徴
・レンズ交換式デジタル一眼レフとの比較(メリット・デメリット)
ハイエンドデジタルカメラ比較
・ソニー サイバーショット R1
・富士フィルム ファインピックス S9000
・リコー GRデジタル
防水デジタルカメラ比較
・オリンパス μ1000 ・μ750 ・μ730 ・サンヨー ザクティ DMX-CA6
・ペンタックス OPTIO W20  ・リコー Caplio 500G wide
高感度デジタルカメラの選び方

 メーカー別コンパクトデジタルカメラ

キャノン
最近はパナソニックと並んで最もCMで見る機会の多いキャノン。映像エンジンDIGICU搭載など画質で他社との差別化をはかろうとしています。Power Shotシリーズとご存知IXYシリーズの2系統。フルラインナップを誇ります。

ソニー
おなじみCyber-shotシリーズを展開するソニー。機種の数も多く、それぞれのコンセプトが明確なので、選び応えがあります。また、最新の撮像素子(CCD、CMOS)を搭載できるのは撮像素子を自社生産している最大のメリット。

パナソニック
手ぶれ補正機能とヴィーナスエンジンを武器に、豊富なバリエーションを展開しています。高倍率ズーム機や、16:9画面などハイエンド機が豊富です。

ニコン
少し前までは、ハイエンドモデル中心に展開していたのですが、ハイエンドユーザーが一眼レフに流れていったのか、最近ではスタイリッシュモデルと実用性重視のモデルにほぼ絞られてきました。

富士フィルム
独自の技術、スーパーCCDハニカムで高精細、高感度が特徴のFinePixをメインに、入門機からハイエンド機まで選び応えがあります。コダックと同じくフィルムメーカーですので、色にこだわりをもっています。

オリンパス
早い時期からデジタルに参入しているオリンパスは、コンパクトなμシリーズと、機能重視のCAMEDIAシリーズの2系統。生活機能防水付きや高倍率ズーム機など、用途に合わせて豊富な機種から選ぶことが出来ます。
カシオ
QV10が一世を風靡したデジカメの老舗カシオ。最近ではQVシリーズは影が薄くなった感じもしますが、全体の機種は豊富。コストパフォーマンスの優れたQVシリーズと、超薄型、高倍率ズーム機をラインナップするEXILIMシリーズの2系統。

ペンタックス
ここにきて小型、軽量といった本来のペンタックスらしさを出し始めたOPTIOシリーズ。デジタル部の性能を売りにするというより、カメラとしての機能を重視。

コダック
フィルムメーカーだけあって、色にはとりわけこだわりをもっているコダック。CCDを自社生産している強味もありますが、バリエーションは豊富です。EasyShareシリーズは4系統に分かれています。
▲先頭へ戻る