パナソニック ルミックス DMC-FZ50
 デジタルカメラ購入NAVI
関連記事
高倍率ズームデジタルカメラ ・パナソニック:コンパクトデジタルカメラ ・DMC-FZ30(前モデル)

 パナソニック ルミックス DMC-FZ50

■新製品■パナソニック DMC-FZ50-K ブラック Panasonic DMC-FZ50
2006年8月発売
有効1,010万画素 1/1.8型CCD
光学12倍ズーム 35mm換算35〜420m相当
DMC-FZ50価格比較

高倍率ズーム機に最も積極的なパナソニックが送り出す、最新フルスペック12倍ズーム ルミックス DMC-FZ50は2005年8月登場のFZ30の後継モデル。

主な変更点はCCDが1,000万画素オーバーになった点、インテリジェントISO感度コントロールを搭載し、最高感度ISO3200に対応した点。また、画像エンジンが新世代のヴィーナスエンジンVになったことなど。初の1,000万画素オーバーの高倍率ズーム機で、CCDサイズはライバルの多くが1/2.5型を採用する中、従来通り1/1.8型を採用。

サイズはFZ30と比較して約1cm幅方向が多少詰められていますが、全体の印象は変わりません。重量もほとんど変わらず668gと、コンパクトデジタルカメラとして考えると最大級なことも受け継いでいます。

操作性は余裕のあるサイズを生かして、多彩なマニュアル機能を瞬時に扱えるように配慮されたもので、同じく12倍ズームのFZ-7では得られないもの。FZ-50の購入は、デジタル一眼レフを視野に入れている中級・上級ユーザーが多いと思われますが、機能面では普及クラスのデジタル一眼レフを凌いでいます。違いといえば、CCDサイズが小さいのでデジタル一眼レフのようなノイズの少なさは得られないこと、大きなボケが得られないことなどで、このあたりは納得の上で選んだ方が良いでしょう。

DMC-FZ50価格比較

仕様
・発売  2006年8月
・撮像素子  有効1,010万画素 1/1.8型CCD
・レンズ  光学12倍
 35mm換算35〜420m相当
 F2.8(ワイド端)〜F3.7(テレ端)
 光学式手ぶれ補正内蔵
・ISO感度  100〜3200
・ファインダー  23.5万画素EVF
・液晶モニター  2.0型20.7万画素(フリーアングル)
・記録媒体  SDメモリーカード
 SDHCメモリーカード
 マルチメディアカード
・大きさ  幅131.2×高さ85.5×奥行142mm
・重さ  668g(本体のみ)
・備考  ブラック/チタンシルバー 
コンパクトデジタルカメラ
ジャンル別
高倍率ズームデジタルカメラ
高倍率ズームデジカメの特徴
仕様比較
防水デジタルカメラ比較
ハイエンドデジタルカメラ
メーカー別
オリンパス
キャノン
コダック
ソニー
ニコン
パナソニック
ルミックスの特徴
DMC-FZ50
富士フィルム
ペンタックス