大口径標準ズームレンズ比較
 デジタルカメラ購入NAVI
 大口径標準ズームレンズ比較 (デジタル専用)

機種別仕様比較

タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD 

タムロンSP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)ニコンマウント【送料...


タムロン SP AF17-50mm F/2.8 価格  
定価(税込):57,750円
最安値

デジタル専用大口径標準ズームレンズでシグマに遅れをとっていたタムロンが満を持して送り出したSP AF17-50mm F2.8。後発だけあって、シグマ 18-50mm F2.8を相当意識した跡が見られ、それぞれのスペックで少しずつシグマを上回っています。

最短撮影距離はシグマよりも1cm短くクラス最短の27cm。重量も若干シグマより軽くこれもクラストップ。それ以上にワイド端の1mmの違いは結構大きい。ニコンマウントでは25.5mm相当の画角が得られ、広角ズーム的な使い方も可能です。AFはシグマ同様フォーカスリングが回転してしまうタイプで、作動音が安っぽいなどの不満はありますが、それらを忘れさせてしまうほどの価格を実現しています。

定価57,750円と、いつも価格破壊を起こすシグマよりも1.5万円程安く、実売価格4万円台は純正のF3.5-4.5クラスの常用ズームレンズ並の価格です。

この価格であれば多少のアラは許せてしまいそうです。ニコン、キャノン、ソニーの中堅クラス以下のデジタル一眼レフユーザーの大口径標準ズーム選びの第一候補にあげられるレンズです。

SP AF17-50mm F/2.8最安値


シグマ 18-50mm F2.8 EX DC   

シグマ18-50mm F2.8 EX DCニコンマウント

シグマ 18-50mm F2.8 EX DC 価格  
定価(税込): 73,500円
最安値

2005年9月発売のシグマ 18-50mm F2.8 EX DCは、ズーム倍率を多少狭め、大幅な小型・軽量化と低価格を実現した大口径標準ズーム。タムロン 17-50mm F2.8が発売されるまで、デジタル一眼用大口径標準ズームはシグマとニコンだけしかありませんでした。

一般的でないニコンの大口径ズームとは対極のレンズで、300g程軽く価格は1/3を実現しました。また、最短撮影距離は全域で28cmで近接能力が優れているのは、レンズメーカーならでは。AF時はフォーカスリングが回転し、マニュアルフォーカス時の操作性もフォーカスリングの動きが軽すぎて回転角が小さいなどの不満はありますが、なんとか実用になるレベルではあります。

コストパフォーマンスに優れた18-50mm F2.8 EX DCですが、2006年5月にタムロンから強力なライバルが現われ、スペック上の比較ではシグマが劣勢になってしまいました。

操作性は似たり寄ったりなので画質面で大きなアドバンテージがあるか、実勢価格が同じ位でないと勝負になりません。それでも十分コストパフォーマンスは高いので、買って損はないはず。

シグマ 18-50mm F2.8 EX DC最安値


キャノン EF-S17-55mm F2.8 IS USM 

キヤノンEF-S17-55mm F2.8 IS USM【送料無料】

EF-S17-55mm F2.8 IS 価格  
定価(税込): 150,150円
最安値

APS-CサイズのEOS Kiss デジタルやEOS 30D用の大口径標準ズームレンズ。上位機種のEOS-1DsやEOS 5Dがフルサイズのため、同社の高級レンズの証である赤ハチマキ(Lレンズ)が無いオーソドックスな外観を採用。Lレンズ以外ではじめてのF2.8ズームレンズ。

シグマ、タムロンの大口径ズームよりもかなり大きく、高価ではありますが、光学式手ぶれ補正という強力な付加価値があります。また、操作性もUSMによるフルタイムマニュアルフォーカスなど同クラスのレンズメーカー製にはない魅力があります。

同社Lレンズとの違いは、フォーカスリングが細く、ボディ寄りについていることと、防塵・防滴性能。しかし、あえてLレンズにしなかったことは正解で、性能と純正レンズであることを考慮すればコストパフォーマンスはそう悪くはありません。

EOS 30DユーザーはEF-S17-55mm F2.8 ISの他にシグマ、タムロンの大口径ズーム、同社のEF-S 17-85mm F4-5.6 ISなどが候補にあげられるレンズ。手持ちであらゆるシチュエーションをカバーしたいならばEF-S17-55mm F2.8 ISは最有力。

キャノン EF-S17-55mm F2.8 IS USM最安値


ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 17〜55mmF2.8G (IF)

ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mmF2.8G(IF)[デジタル一眼レフ専用]

ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 17〜55mmF2.8G 価格  
定価(税込): 231,000円
最安値

AF-S DX Zoom Nikkor ED 17〜55mmF2.8Gは2004年6月登場で、最も早く発売になったデジタル専用大口径ズーム。フラッグシップ機のニコン D2シリーズユーザー向けに造られたようなレンズで、機能・性能のために惜しみなくコストと重量がかけられた高級レンズ。

最高機種を基準にして商品を投入するのはニコンらしいのですが、このサイズ、価格ではD2シリーズユーザー以外には縁がなさそうです。描写性能はたしかに素晴らしいのですが、シグマやタムロンと比較して圧倒的に優れているというものでもありません。

むしろ操作性・信頼性にコストがかけられている印象で(実際はEDレンズや非球面レンズをふんだんに使っています)特に操作性は群を抜いています。キャノンEF-S17-55mm F2.8 ISと同じくレンズ内超音波モーターで、フルタイムマニュアルフォーカスが可能ですが、マニュアルの操作性が非常に良いのが特徴。

それでも一般的にはおすすめできるレンズではありません。手ぶれ補正機能搭載でこの価格・サイズならまだ納得できるのですが、そうではないのでD2シリーズユーザーは別のレンズを選びましょう。

ニコンユーザーはタムロン、シグマがニコンマウント用に大口径レンズを発売しているので、そちらから選んだ方が遥かに実用的です。

AF-S DX Zoom Nikkor ED 17〜55mmF2.8G最安値



機種別仕様比較
機種 タムロン
17-50mm F/2.8
シグマ
18-50mm F2.8
キャノン
EF-S17-55mm
ニコン
17〜55mmF2.8G
35mm換算 25.5〜75mm 27〜75mm 27〜88mm 25.5〜82.5mm
レンズ構成 13群16枚 13群15枚 12群19枚 10群14枚
最短撮影距離 27cm 28cm 35cm 36cm
最大撮影倍率 0.22倍 0.20倍 0.17倍 0.20倍
絞り羽枚数 7枚 7枚 7枚 非公開
フィルター径 67mm 67mm 77mm 77mm
最大径×長さ φ73.8×83.2mm φ74.1×84.1mm φ85.5×110.5mm φ83.5×110.6mm
質量 430g 445g 645g 755g
対応マウント ニコン・キャノン・α ニコン・キャノン・α・ペンタックス・フォーサーズ

一眼レフカメラ交換レンズ
レンズ選びのポイント
用途別交換レンズ比較
高倍率ズームレンズ
広角ズームレンズ
大口径標準ズームレンズ
50mmクラスマクロレンズ
メーカー別交換レンズ
ニコン
|└ニッコールレンズの特徴
キャノン
|├EFレンズの特徴
|├EF-S17-85mm F4-5.6 IS
|├EF85mm F1.2
|└EF135mm F2L
ペンタックス
オリンパス
ソニー
シグマ
タムロン
トキナー
コシナ