50mmクラスマクロレンズ比較
 デジタルカメラ購入NAVI
 50mmクラスマクロレンズ比較

機種別仕様比較

キャノン EF-S60mm F2.8 マクロ USM APS-Cサイズ専用

キヤノン EF-S60mm F2.8 マクロ USM

EF-S60mm F2.8 マクロ 価格
定価(税込): 59,850円(フード、ケース付)
最安値

50mmクラスで唯一のデジタル専用マクロレンズがEF−S60mm F2.8 マクロ USM 。EOS Kiss デジタルやEOS 30Dでは96mm相当の中望遠マクロとしての画角をもちます。

設計の古いレンズの多い50mmクラスマクロレンズの中にあって2005年3月登場と新しく、旧来のEF50mm F2.5マクロとは性能も操作性も格段に上。35mm兼用のペンタックスやシグマの50mmマクロよりも多少大きく、重いのですが、比較的コンパクトにまとめたと思います。

このクラスで唯一インナーフォーカスが採用されているので、等倍撮影時もレンズが繰り出してくることがありません。そのためワーキングディスタンスがクラス最長の約9cm(他は5cm前後)で、クローズアップ撮影時に役立ちます。
また、AFモードのままでマニュアルフォーカスが可能なフルタイムマニュアルフォーカス機能を搭載しているので快適なフォーカシングが可能。

APS−CサイズのEOSデジタルユーザーは同社の50mm F2.5 コンパクトマクロも使用できますが、単体で等倍撮影できない上に操作性は雲泥の差なのでパス。シグマ MACRO 50mm F2.8 EX DGはコストパフォーマンスに優れたレンズですが、操作性・使用感は劣ります。EF−S60mm F2.8 マクロはEF−Sレンズの中でもおすすめのレンズです。

EF-S60mm F2.8 マクロ最安値


ニコン Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D   

Nikon Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D

ニコン Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D 価格  
定価(税込): 59,850円(フード、ケース別売り)
最安値

35mm、デジタル共用のマクロレンズ。
デジタル一眼レフでは90mm相当の中望遠マクロとなり扱いやすい焦点距離のレンズです。

発売年は93年と古くデジタル対応はされていないのですが、フィルム時代から描写性能には定評のあるレンズで絞り開放から高い解像感を誇ります。

ニコンのマクロレンズはマニュアルフォーカスの操作性が優れているのが特徴で、AF マイクロニッコール 60mm F2.8Dも例外ではありません。幅広のフォーカスリングで適度なトルクがありこのクラスではもっとも優れたマニュアルの操作性です。

フォーカス方式はオーソドックスな直進繰り出し方式で、レンズ全長が変化するもの。それでも焦点距離が多少長いこともあり、ワーキングディスタンス7cmとこのクラスでは長めです。

15年近く前に発売されたレンズですが今でもトップクラスの操作性と、優れた描写性能を誇るのはたいしたものです。難点といえばライバルより一回り以上大きく・重いこと。できれば最新の設計でリニューアルしてもらいたいところですが、今でも買う価値はあります。

>>ニコン、シグマ マクロ60mm、50mm実写比較(デジカメWatch)

Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D最安値


ペンタックス D FAマクロ50mmF2.8 

★送料100円!★ 《新品》PENTAX D FA50mmF2.8マクロ

ペンタックス D FAマクロ50mmF2.8 価格  
オープン価格(フード、ケース付き)
最安値

D FAマクロ 50mm F2.8は2004年登場した超小型・軽量のマクロレンズ。デジタル一眼レフでは75mm相当で中望遠マクロに属します。

従来のFAマクロから大幅に小型・軽量化を果たし、35mm兼用とは思えない265gとクラストップの軽さでありながら等倍撮影が可能。DAレンズと同じく切り替えなしでマニュアルフォーカスができる「クイックシフトフォーカス」は、幅広のフォーカスリングとあいまって良好なフォーカシングができます。また、ピントを固定できるフォーカスクランプも備えています。

等倍撮影時にはレンズが大きく繰り出して、ワーキングディスタンスが5cmを切ってしまうのが難点ですが、インナーフォーカスを採用するとこのサイズは実現できなかったのではないでしょうか。

実売価格が4万円台後半とやや高価ですが、小型・軽量なペンタックッスのデジタル一眼レフにマッチするレンズです。シグマの50mmマクロもペンタックスユーザーの選択肢にあげられますが、総合的にはD FAマクロ 50mm F2.8が上。ただ、コストパフォーマンスを考えるとシグママクロ 50mmが妥当なところか。

>>実写レポート D FAマクロ50mmF2.8

D FAマクロ50mmF2.8最安値


シグマ MACRO 50mm F2.8 EX DG

シグマMACRO 50mm F2.8 EX DG

MACRO 50mm F2.8 価格
定価(税込): 38,850円(フード、ケース付)
最安値

従来モデルをデジタルに対応すべく光学系を一新して、2004年に登場したのがMACRO 50mm F2.8 EX DG。

従来モデルとの違いは、デジタルで問題になる色収差の低減と周辺画質の向上を図ったこと。またコーティングを見直しフレア・ゴーストが低減されていることなどです。光学系を一新しただけあって描写性能は優秀で、価格を思わせないとの評判。

フォーカス方式は旧来のままで直進繰り出し式。至近距離になるとレンズが5cmほど繰り出します。多少気になった点はAFの作動音がうるさいのと、MF時にフォーカスリングが30cm付近で急に重くなる点。しかし価格を考えれば仕方がないとも思えます。

カメラメーカー製の等倍50mmマクロはみな定価50,000円以上するのに対し、シグマ MACRO50mm F2.8 EX DGは破格ともいえる37,000円で実売価格では2万円台と普及クラスの標準ズーム並みの価格です。描写性能も優れていることから、まずは候補にあげておくべきマクロレンズです。

>>ニコン、シグマ マクロ60mm、50mm実写比較(デジカメWatch)

シグマ MACRO 50mm F2.8 EX最安値

 総評

35mmフィルムでは100mmクラスマクロの陰に隠れていた印象のある50mmクラスマクロレンズ。デジタル一眼レフでは画角が1.5〜1.6倍相当の焦点距離になることから、扱いやすい中望遠マクロレンズに変身。また100mmクラスよりも価格が安いこともあり(実売2万円台〜4万円台)より身近になりました。

現在50mmクラスのマクロレンズはニコン(1本)、キャノン(2本)、ペンタックス(1本)、オリンパス(1本)、ソニー(1本)が発売されていて、内キャノンの1本とオリンパスがデジタル専用となっています。デジタルに対応した光学設計されているのは、ニコンとソニーを除くレンズで、レンズ構成を見直したりコーティングを最適化しています。

設計が新しい方が画質面で有利なのでしょうが、設計の古いニコンのマイクロニッコール60mm F2.8Dのようにデジタルでも優れた画質を維持しているレンズもあり、このクラスのマクロレンズでは一概に古いレンズは画質面で見劣りするとは言えないようです。

操作性は新しいレンズはみな改善されていて、マニュアルの操作性を考慮したものとなっています。総合的に使用感が最も良いのはキャノンのEF−S60mm F2.8マクロで、USM+フルタイムマニュアルフォーカスで切り替えなしにフォーカシングできます。またこのクラスで唯一インナーフォーカスを採用しているので全長の変化がなく、もっとも長いワーキングディスタンス(9cm)が確保されています。

マニュアルの操作性に限ればニコンの60mm F2.8Dがもっとも快適で、フォーカスリングのトルク感はマニュアルフォーカスレンズを思わせるものがあります。また、ペンタックス D FAマクロ 50mm F2.8も切り替えなしでマニュアルフォーカスができるクイックシフトフォーカスで良好な操作性です。

大きさ・重さはレンズによってかなりの差があり、最も小さく軽いペンタックス D FAマクロ50mmの265gに対してもっとも大きく重いニコンの60mm F2.8Dは440gと別のクラスのレンズのようです。

最後に価格ですがシグマ MACRO50mm F2.8EX DGが飛びぬけて安く、カメラメーカー製に比べ2万円程度安い2万円台後半を実現しています。総合的にもっとも高性能と思われるのはキャノン EF−S60mm F2.8マクロで、コストパフォーマンス面ではシグマの50mm F2.8が圧倒しています。どのレンズも性能的には水準以上のものを持っているので、買ってから後悔することはないと思います。

機種別仕様比較
機種 キャノン
EF-S60mm F2.8
マクロ USM
ニコン
Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
ペンタックス
D FAマクロ50mmF2.8
シグマ
MACRO 50mm F2.8 EX DG
35mm換算 96mm 90mm 76.5mm 75mm〜85mm
(装着マウントによる)
レンズ構成 8群12枚 7群8枚 7群8枚 9群10枚
最短撮影距離 20cm 21.9cm 19.5cm 18.8cm
最大撮影倍率 1.0倍 1.0倍 1.0倍 1.0倍
絞り羽枚数 7枚 7枚 8枚 7枚
フィルター径 52mm 62mm 49mm 55mm
最大径×長さ φ73×69.8mm φ70×74.5mm φ67.5×60mm φ71.4×66.5mm
質量 335g 440g 265g 320g
対応マウント シグマ・キャノン・ニコン・α・ペンタックス

一眼レフカメラ交換レンズ
レンズ選びのポイント
用途別交換レンズ比較
高倍率ズームレンズ
広角ズームレンズ
大口径標準ズームレンズ
50mmクラスマクロレンズ
メーカー別交換レンズ
ニコン
|└ニッコールレンズの特徴
キャノン
|├EFレンズの特徴
|├EF-S17-85mm F4-5.6 IS
|├EF85mm F1.2
|└EF135mm F2L
ペンタックス
オリンパス
ソニー
シグマ
タムロン
トキナー
コシナ