キャノン EOS Kiss デジタル X
 デジタルカメラ購入NAVI
 キャノン EOS Kiss デジタル X   ・キャノンデジタル一眼レフ ・エントリークラス

CANON EOS Kiss Digital X
1010万画素CMOS搭載。高精細かつ高感度が特徴
EOSインテグレイテッドクリーニングシステムでセンサーの埃問題を対処
欠点だった液晶モニターを大幅改良
2006年9月発売
EOS Kiss デジタルX価格比較

EOS Kiss デジタル X評価 

意外な進化を遂げたEOS Kiss デジタル X
ソニーα100、ニコン D80が相次いで1,020万画素CCDを搭載し、次期EOS Kiss デジタルは苦戦を強いられると予測していました。

というのも最近のデジタル一眼レフのモデルチェンジを見ると、約3年サイクルでモデルチェンジし、途中1度改良モデルを出すという流れが出来ているかのように思えたからです。今回のEOS Kiss デジタルのモデルチェンジは時期的にはマイナーチェンジ。上位機種EOS 30Dのような細かな改良を施し完成度を高めるという手法を採るかのように思えたからです。

ところが、EOS Kiss デジタルXは見かけはほとんど変わっていませんが、予想以上の進化を遂げて登場しました。

画素数を増やしつつ高感度ノイズを低減
新開発の1,010万画素CMOSを搭載し、画素数だけで見れば上位機種のEOS 30Dを上回ってしまいました。

先代より210万画素アップで、画素ピッチが小さくなり感度面では不利に思われましたが、マイクロレンズを改良したことで、先代以上の耐ノイズ性能を持ちます。EOS Kiss デジタルNと比較しても青空の色ノイズが少なく、解像感も当然高い。もともと高かった高感度時の画質がさらに磨きがかかったということ。ライバルのソニーα100と比較して大きな差が見られるのは高感度画質。EOS Kiss デジタルXの高感度画質は、いまだに他を寄せ付けない強みがあります。

また、画像は以前のメリハリが効いたものから、自然であっさりしたものに変えられました。もしそれが気に入らないのであればピクチャースタイルを変更すればいい。6種類の設定の中から好みの色調に仕上げることが出来ます。

センサーの埃問題に対処
新たに採用された「EOSインテグレイテッドクリーニングシステム」は埃を取り除くだけではなく、ローパスフィルターに帯電防止処理を施すなどして、埃の付着を事前に防ぐというもの。また、付着した埃を本体側のソフトを利用して目立たなくさせることもできます。

カメラを起動するたびに埃除去機能が作動し2、3秒で終了するのですが、起動中でもシャッターボタンに触れると瞬時にスタンバイ状態になります。撮影中などに任意でこの機能を作動させることが出来ます。

オリンパスのダストリダクションシステムのように密閉構造にはなっていないのですが、ソニーα100に比べると、より発展したシステムを採用しています。

見やすくなった液晶モニター
2.5型広視野角23万画素の液晶モニターを採用。先代の1.8型のものに比べると格段に見やすく精細感が高くなっています。

ただ、ソニーやニコンの最新のものと比べると、明るさ・コントラストともに不足がち。しかしこれまでの大きな弱点を克服できたことが大きいです。

AFは先代の7点から9点に測距点を増やし、EOS 30Dと同等のものにスペックアップ。スピード面では先代からそれほどの違いは感じられませんが、ピントが合いやすくなって正確になっているそうです。

先代とほとんど変わらないボディ
機能を増やしながら、わずかな重量増(485gから510gへ)でボディサイズもほとんど変わっていません。先代と見比べてもシャッターボタンなどの色が変更になったくらいで、ほとんど見分けがつきません。

ホールディングしてみると若干Kiss デジタルXの方が安定します。ボディ背面の形状の変更、親指の位置にゴムが設けられたことによるのでしょう。小さい割にはホールディング感はそれほど悪くないのですが、男性の手では小指がはみ出てしまいます。

ボディの高さがあるニコンD80の方が男性にとってはホールドしやすいのですが、ソニーα100のようなシャッターボタンが手前すぎるような違和感はありませんでした。

ファインダーは従来通り
数少ない欠点のひとつに挙げられるのが、ファインダー。
このクラスとしては標準的なペンタミラー方式を採用し、倍率は0.8倍。35mm一眼レフを使い慣れたユーザーにはかなり小さく見えるはず。また、明るくクリアーな反面ピントの山が掴みづらいのも事実。ペンタプリズムファインダーのニコン D80やペンタックス *ist DS2に比べるとかなり見劣りします。

ライバルと比較して
ライバルはソニーα100、少し価格帯が上のニコン D80。
両者は若干性格が異なり、EOS Kiss デジタルXと同じくファミリーユースなのがα100。

画質はほぼ同等(高感度時以外)、機能はボディ内手ぶれ補正がある分若干ソニーαの方が多彩。しかし、だれでも安心して高画質を楽しめるという点では、EOS Kiss デジタルXの右に出るものはありません。

ニコン D80はカタログスペック面では、見劣りするかもしれませんが、カメラの基本性能は最も高い。その分価格も高めで、購入層も違います。EOS Kiss デジタルXは初心者でも深く考えずにキレイな写真が撮れて、コストパフォーマンスが高い「万能普及デジタル一眼レフ」という事が出来ます。

ライバルと比較して依然アドバンテージのあるEOS Kiss デジタルXですが、Kiss デジタルNの時発売時ような大きなアドバンテージはないのも確か。それだけライバルが追いついてきたのと、このクラスでも多様化してきて、性能だけでは比較しきれなくなってきているからです。

ソニーα100、ニコン D80とほぼ同時期に発売になったことは、あと1年以上ソニー、ニコンのライバルに対し現在のアドバンテージが保てるという事でもあります。(少なくとも1年以上はモデルチェンジはないだろうから)これから発売されるであろうライバルはペンタックスとオリンパスの新機種、ついでニコン D50の後継機。

もっとも恐れなくてはならないのは、Kiss デジタルXと同価格帯かそれ以下になるであろうニコン D50。仮に D80と同じ1,020万画素CCDを搭載することになれば、手強いライバルになることが予想できます。

EOS Kiss デジタルX価格比較

仕様
・発売 2006年9月
・撮像素子 有効1,010万画素CMOS
22.2×14.8mm 
・ISO感度 ISO 100〜1600
・ファインダー ペンタミラーファインダー
視野率:95%
倍率:0.8倍
・液晶モニター 広視野角2.5型 約23万画素
・オートフォーカス 9点測距
・シャッタースピード 30〜1/4000秒
・シンクロ同調 1/200秒以下
・連続撮影速度 最大約3コマ/秒
・連続撮影可能枚数 JPEG(L/Fine):27枚 RAW:10枚
RAW+JPEG(L/Fine):8枚
・質量 510g
・大きさ 幅126.5 mmx高さ 94.2 mmx奥行き 65mm

関連記事
おすすめレンズ  ・仕様比較
デジタル一眼レフカメラ
機種別評価
ニコン
ニコン D50
ニコン D80
ニコン D200
ニコン D2Hs
ニコン D2Xs
キヤノン
キヤノン EOS Kiss デジタルX
キヤノン EOS 30D
キヤノン EOS 5D
キヤノン EOS-1D Mark II N
キヤノン EOS-1Ds Mark II
ペンタックス
ペンタックス K100D
ペンタックス *ist DL2
ペンタックス *ist DS2
オリンパス
オリンパス E-330
オリンパス E-500
オリンパス E-1
ソニー
ソニー α100
パナソニック
パナソニック DMC-L1
クラス別比較
エントリークラス比較
仕様比較
中堅クラス比較
D200 EOS 30D比較
仕様比較
ハイエンドクラス比較
└仕様比較
デジタル一眼レフ価格比較
デジタル一眼レフの歴史

デジタルカメラランキング

サンディスク コンパクトフラッシュ ウルトラII 1GB(SDCFH-1024-903)【送料無料】無期限製品保...
サンディスク ウルトラII 1GB CF
5,932円(税込)

キヤノン スピードライト 430EX【送料無料】
キヤノン スピードライト 430EX【送料無料】