ペンタックス *ist DS2:デジタル一眼レフカメラ
  デジタルカメラ購入NAVI
 デジタルカメラ基礎知識  デジタル一眼レフカメラ  カメラ交換レンズ  コンパクトデジタルカメラ 情報
  ホームデジタル一眼レフカメラ 
デジタル一眼レフカメラ
機種別評価
ニコン
ニコン D50
ニコン D80
ニコン D200
ニコン D2Hs
ニコン D2Xs
キヤノン
キヤノン EOS Kiss デジタルX
キヤノン EOS 30D
キヤノン EOS 5D
キヤノン EOS-1D Mark II N
キヤノン EOS-1Ds Mark II
ペンタックス
ペンタックス K100D
ペンタックス *ist DL2
ペンタックス *ist DS2
オリンパス
オリンパス E-330
オリンパス E-500
オリンパス E-1
ソニー
ソニー α100
パナソニック
パナソニック DMC-L1
クラス別比較
エントリークラス比較
仕様比較
中堅クラス比較
D200 EOS 30D比較
仕様比較
ハイエンドクラス比較
└仕様比較
デジタル一眼レフ価格比較
デジタル一眼レフの歴史


ペンタックス *ist DS2
ペンタックス *ist DS2 ボディ 【充電池セット付】 PENTAX *ist DS2
2005年9月発売
610万画素CCD
ボディ実売価格6万円台
*ist DS2価格比較

>>仕様比較表
>>実写速報(DA 50-200mm F4-5.6 EDを使用)(デジカメWatch)
>>DS2、DL、DS比較(実写画像、他)(デジカメWatch)
>>おすすめレンズ
>>デジタル一眼レフカメラ価格比較

完成度を高めた*ist Dシリーズの上位機種

小型、軽量、ユーザーフレンドリーのペンタックスデジタル一眼レフ、上位機種*ist DSの改良モデルはカメラとしての完成度は高い。

兄弟機*ist DL2との主な相違点は、ファインダー性能、AF測距点など。

このクラスで唯一のガラスペンタプリズム採用のファインダーは素晴らしい出来

エントリークラスの一眼レフカメラでは、コストダウンと軽量化のために、ペンタミラーを採用するのが今では常識となりました。また、ほとんどの機種がAPS-Cサイズのフィルムよりも小さな画像素子を使用しているのでどうしてもファインダー像が小さくなりがちです。

そこでペンタックスはファインダーにこだわり、このクラスでは異例のガラスペンタプリズムを採用し、倍率0.95倍と大きなファインダーでピントの山もつかみやすく、ファインダーに限っては完全に上位機種のレベルになっています。
またスクリーンが交換できるという点はこのカメラのターゲットに、ベテランユーザーを見込んでいるからではないでしょうか。

小型、軽量で質感の高いボディ

昔からペンタックスは小型、軽量化を得意としています。デジタル一眼レフに至ってもそれは変わらず、初代の*ist Dは当時としては圧倒的な小型、軽量さでした。しかし、最近ではキヤノン EOS Kiss デジタルNやオリンパス E-500の登場で、そのアドバンテージは薄らいできました。

ただこの大きさながらグリップ感は良く、多少指が余ることはありますが、よくぞここまで握りやすくしたという印象です。またボディは凝縮感、剛性感があり、質感はこのクラスでは最も高く感じじました。

大きな液晶、分かりやすい操作部

液晶は最大級の2.5型、21万画素のものが搭載され、表示の文字のフォントサイズも大きく、このあたりはEOS Kiss デジタルNとは比べ物にならないです。(ただ、視野角の点ではオリンパスE-330やE-500に搭載されている物にはかないません。)

操作部分も煮詰められており、ボディ前面に指掛りを設けて背面のボタンやキーの操作をしやすくしたり、絶妙な位置にあるボタン類は大きく押しやすく、位置も誤操作しにくく考えられています。このあたりの細かな配慮はペンタックスならではで、マニアックでもあります。

手に触れる部分、目に入る部分はこのクラスでは一級品といっていいでしょう。

画質、レスポンスには課題を残す

さて、気になる画質ですが、色は標準のナチュラルモードでも多少鮮やか目で記憶色に近く、諧調性能は良いのですが、解像度の点では不満が残ります。特にパソコンのモニターで等倍で確認すると、線が太く輪郭強調が強めなので細部描写力は同じ610万画素のニコンD50と比べても見劣りします。

ただ、それ程悲観することはありません。細部描写性能が劣るのはJPEG記録の時であって、RAWで撮影して付属のソフトで現像すれば見違えるほど画質がよくなります。このカメラは通常はJPEGでスナップ的にどんどんシャッターを押し、作品を残したい時にはRAWで撮影するという使い方が合っているのでしょう。
これでRAWとJPEGが同時記録できればよかったのですが。

高感度時のノイズは標準的で、素晴らしい高感度対応能力を持つキヤノンEOS Kiss デジタルNと比べると差はありますが、ISO800程度でもなんとか実用の範囲内です。

次にAFですが、測距点が11点となり(*ist DL2では5点)スーパーインポーズ機能(*1)が搭載されていて、この部分は下位機種*ist DL2との最も大きな相違点です。付属の標準ズームを使った限りではAFも素早く、ピントを外すことも少ないのですが、レンズによってはAFが遅くなり迷うことがあります。

また、連写性能は2.8コマ/秒と標準的なのですが、多少レリーズタイムラグ(*2)が長いように感じます。

>>実写速報(デジカメWatch)DA 50-200mm F4-5.6 EDを使用
>>DS2、DL、DS比較(実写画像、他)(デジカメWatch)

(*1)ファインダー内でAFのピントが合った場所が光る機能
(*2)シャッターボタンを押してから、実際にシャッターが切れるまでの時間

ちょっとマニアックな、ベテランユーザーでも満足できるカメラ

*ist DS2は誰にでも薦められると言うモデルではありません。特に画質を最優先される方はEOS Kiss デジタルNなど別のカメラを購入された方が良いでしょう。しかし、カメラは画質が全てではないし、このカメラでもRAWで撮影すればデジタル一眼レフらしい、高精細でなめらかな画像を得ることが出来ます。

*ist DS2を含むペンタックスのデジタル一眼レフは、カメラを操る楽しさ、心地よさを最優先しているように思えます。カメラを持っていくのに気負わず、気に入った被写体をバシバシ納めてゆくという使い方が最も似合う、数少ないデジタル一眼レフです。

また、このカメラにマッチする小型の高品位のレンズが多いのも魅力です。

*ist DS2価格比較

続きは>>おすすめレンズ ▲先頭へ戻る