ニコン D80
 デジタルカメラ購入NAVI

NIKON D80
・D200から譲り受けたファインダー性能とレスポンスのよさ
・大幅な小型・軽量化を果たしたボディは凝縮感・質感高い
・1020万画素CCD搭載、D200並みの高画質
2006年9月発売
ニコン D80価格比較
ニコン D80評価 

先代D70sから上位機種へ移行したD80は、木村拓也のCMでおなじみニコンの中核をなす機種。EOS Kiss デジタルと比較すると割高感はあるものの、手にとってみると分かるカメラの格の違い。機能の豊富さよりも使い心地のよさを重視した本格派。

新開発1,020万画素CCD搭載
ニコンは伝統的に、上位機種の技術を下位機種に応用することでスペックアップを図ることが多いカメラメーカー。2006年9月登場のD80もその例に漏れず、D200と同画素数の1,020万画素CCDを搭載し、ファインダーやAFセンサーなど多くの技術を譲り受けています。

搭載されるCCDはD200が4チャンネル呼び出しに対し、D80は2チャンネル呼び出し方式を採用。速度面では4チャンネルが有利なので、このあたりで差別化を図ったのでしょうか。画質はD200よりもシャープネスが高く、一見高解像度に見えますが実質的には同じ解像度。味付けはD200と違いメリハリの利いた元気なもので、色調はD200のものよりも全体的に黄色が強くなっているといいます。

D200譲りの0.94倍ペンタプリズムファインダー
撮像素子同様に大きく進化したのがファインダーで、像が非常に小さかったD70sのペンタミラー式から、D200と同じペンタプリズム式に変更。同時期に発売のライバル、ソニー α100や キャノン EOS Kiss Digital Xと比較して大きなアドバンテージがあるのがこの部分。一眼レフの肝であるファインダー性能が高いということは、それだけでもいい写真が撮れそうな気にさせてくれるものです。

俊敏なレスポンス
このクラスとしてはD70sは異例にシャッターにキレがあり、レスポンス面では不満の少ないカメラでした。D80ではさらに磨きをかけ、起動時間0.18秒、レリーズタイムラグが80msとD200に迫らんばかりの実力。

シャッター最高速こそD70sの1/8000から1/4000とスペックダウンしていますが、実用性を考えるとレリーズタイムラグの短さの方が重要。

D200と比較するとやはりミラーショックは大きめで、シャッターのキレも及びませんが価格帯を考えると十分な出来といっていい。

D50並の小型ボディ
D70sよりかなり小さくなった印象で、全体的に丸みを帯びているのでぱっと見はD50の後継機といった印象。デザインにシャープさを出して欲しかったのですが、これは好みの分かれるところ。グリップ感はなかなか良くシャッターボタンの位置が良く、α100のような違和感を感じませんでした。

ボディはコストダウンと軽量化のためエンジニアリングプラスッチックが採用されていますが、ボディ表面にエンボス加工してあってなかなか高級感を出しています。

AFもD200譲りの11点測距
センサーをD200と共通のマルチCAM1000を採用し測距点は7点から11点へアップ。またAFエリアをカメラが自動選択するオートエリアAFモードが新規に採用されました。ただし、D200の至近優先ダイナミックAFモードやグループダイナミックAFモードの採用は見送られ、ワイドフォーカスエリアもD200の7点に対しD80では中央1点のみとされています。

D70sと比較すると確かにピントが合いやすくなっているようで、ストレスを感じることはありませんでした。ファインダー内のフォーカスエリアの表示は、D70sのようなうっとうしさがなくなり、D200タイプに変更されています。

見やすくなった液晶モニター
2.5型広視野角23万画素の液晶モニターを採用。今年登場機種はみなこのあたりのスペックで、格別アドバンテージがあるわけではありませんがD70sからは大きな進化です。

モデルチェンジでクラスアップしたD80
ニコンもキャノンもまるで真っ向勝負を避けるかのように、微妙に価格帯をずらしているように思えます。先々代D70はEOS Kiss デジタルの対抗馬として登場しましたが、D80は購入ターゲットを変えているようで、価格を上げています。D200が先代D100に比べより上位志向になったのに合わせ、D80もやや中級クラス寄りになりました。

ライバルと比較して
最も価格が近いライバルは、ソニー α100で、α100にあってD80に無いものといえばボディ内手ぶれ補正と、CCDの埃をふるい落とす機構。また、同時期発売のEOS Kiss Digital Xはα100よりもさらに安い価格で1010万画素CMOS、埃をふるい落とす機構を搭載し単独でシェア45%を狙うといいます。

コストパフォーマンス面では不利な印象は拭えませんが、D80にはそれらのライバルを圧倒するカメラ部の性能の高さがあります。それにD80は中・上級者を視野に入れたカメラ造りなので、安直にライバルと決め付けるのも間違いかもしれません。

ニコン D80価格比較

仕様
・発売 2006年9月
・撮像素子 有効1,020万画素CCD
23.6x15.8mm 
・ISO感度 ISO 100〜1600、ISO 1600に対し約1段まで増感可能
・ファインダー ペンタプリズムファインダー
視野率:95%
倍率:0.94倍
・液晶モニター 広視野角2.5型 約23万画素
・オートフォーカス 11点測距(中央部ワイドフレーム対応)
・シャッタースピード 30〜1/4000秒
・シンクロ同調 1/200秒以下
・連続撮影速度 最大約3コマ/秒
・連続撮影可能枚数 JPEG(L/Fine):23枚 RAW:6枚
RAW+JPEG(L/Fine):6枚
・質量 585g
・大きさ 幅132 mmx高さ 103 mmx奥行き 77mm

デジタル一眼レフカメラ
機種別評価
ニコン
ニコン D50
ニコン D80
ニコン D200
ニコン D2Hs
ニコン D2Xs
キヤノン
キヤノン EOS Kiss デジタルX
キヤノン EOS 30D
キヤノン EOS 5D
キヤノン EOS-1D Mark II N
キヤノン EOS-1Ds Mark II
ペンタックス
ペンタックス K100D
ペンタックス *ist DL2
ペンタックス *ist DS2
オリンパス
オリンパス E-330
オリンパス E-500
オリンパス E-1
ソニー
ソニー α100
パナソニック
パナソニック DMC-L1
クラス別比較
エントリークラス比較
仕様比較
中堅クラス比較
D200 EOS 30D比較
仕様比較
ハイエンドクラス比較
└仕様比較
デジタル一眼レフ価格比較
デジタル一眼レフの歴史

デジタルカメラランキング

Nikon D80オーナーズbook
Nikon D80オーナーズbook

Nikon D80完全ガイド
Nikon D80完全ガイド