ペンタックス K100D
 デジタルカメラ購入NAVI

PENTAX K100D

・装着可能な全てのレンズで手ぶれ補正可能
・610万画素CCDながら進化の見られる画質
・機能・性能をアップしながら6万円台の低価格を実現
2006年7月発売
ペンタックス K100D価格比較
K100D評価 

*ist Dシリーズから一転、旧来のペンタックスファンにとっては懐かしいネーミングKシリーズをデジタル一眼で復活。基本的には*istシリーズの延長と考えてよいモデル。しかし、今回は独自のボディ内手ぶれ補正搭載や、画質に改善が見られることから、これまでの目先を変えるようなモデルチェンジとは少し違うようです。

全てのレンズで手ぶれ補正が可能
最大の特徴はやはりボディ内手ぶれ補正「シェイクリダクション(SR)」。K100DはCCDシフト方式には違いないのですが、磁力でCCDをシフトさせベアリングによって支持されているので、メカニカルロスが少ないといいます。補正範囲はシャッタースピード2〜3.5段分と公称値はソニーα100と変わらりません。

どちらが補正範囲が広いかは不明ですが、ペンタックスがソニーの手ぶれ補正よりも優っている点は、全てのレンズで手ぶれ補正が可能なこと。手動で焦点距離を入力することで、645レンズや、スクリューマウントのレンズでも補正が可能になります。(レンズアダプターは必要になります。)

610万画素ながら進化の見られる画質
CCDはAPS-Cサイズ610万画素で、*ist Dから長らく使われてきたものを、改良したもの。従来のペンタックスデジタル一眼レフの泣き所は、ライバルに対して見劣りする画質だったのですが、今回は大幅に改良したようです。

実写画像で比較しても、解像度ははっきり向上しているのが分るし、以前の特徴だった強い輪郭補正は影を潜め、穏やかな画像です。これは画像エンジンを改良したことと、おそらくローパスフィルターの効果を抑えたもので、ニコンD50に通じる画質でもあります。

また、最高感度がISO3200と謳っているだけあって、*istシリーズよりも感度アップが見られます。ISO1600程度ならば条件次第では、A4サイズでも鑑賞に堪えられる画質を確保しています。

細かな改良で完成度は高い
AF測距点は11点*ist DS2と同等ですが、スピードが速くなっているように思えます。また、コントラストの低い被写体でもAFの迷いが少なくなっています。

液晶モニターは2.5型21万画素と*ist DS2、DL2とスペック的には同じですが、比べるとかなり見やすくなっています。コントラストが高くなり、視野角を140度に拡大したため、実用性はこのクラスではオリンパスのものと並んで、トップレベルです。(ソニーα100にはかなわないかもしれませんが)

できれば*ist SD2と同じくペンタプリズムを採用して欲しかったのですが、軽量化のため見送られたのでしょう。ただ、このファインダーはペンタミラーながら像が大きめで、明るく見やすいのが特徴。(明るさの面では*ist DS2以上)ピントの掴みやすさでは*ist DS2にはかなわないでしょうが、このクラスではトップレベル。*ist DS2、ニコン D80に次ぐ出来だと思います。

重くなったボディ
ペンタックスデジタル一眼レフの特徴である、小型・軽量さは受け継がれて入るのですが、手ぶれ補正機構によって重量増が*ist DL2に比べ90g重くなってしまったのは残念。同じくボディ内手ぶれ補正を搭載する、ソニーα100よりも15gほど重い。ただし、大きさは*ist Dシリーズと同等の大きさで、デザインや質感はこのクラス随一だと思います。ボディ形状も細かな部分の改良がみられ、小さいながらも手にフィットするホールドしやすいボディです。

不思議なシャッターフィーリング
シャッター音は*istシリーズと多少異なりますが、なんとも不思議なフィーリングは受け継がれています。シャッターボタンを押して一呼吸おいてからシャッターが切れるので、バルブのままシャッターを押しているかのようです。改良点が多く見られるK100Dですが、レスポンス面ではまだ改良の余地あり。ライバルと比較して長めのレリーズタイムラグや、大きめのミラーショックは、以前のままです。

総評 ライバルと比較して
*ist Dシリーズでは課題だった画質が改善され、、手ぶれ補正の搭載。他にも細かな改良をしているので、カメラの完成度は高くなりました。K100Dは*ist Dシリーズの集大成といえるモデル。欲を言えば画素数アップをして欲しかったのですが、6万円台前半の実売価格では文句は言えません。

価格帯が最も近いライバルはニコンD50ですが、さすがに新しいだけあって大部分でK100Dがリードしています。少し価格を上げるとキャノン EOS Kiss デジタルXも視野に入ってきます。機能の豊富さや画質面では差をつけられていますが、ボディ内手ぶれ補正や見やすいファインダーはK100Dならでは。コストパフォーマンスとボディの質感の高さも魅力です。

ペンタックス K100D価格比較

関連記事
K100D実写画像(デジカメWatch)  ・おすすめレンズ  ・仕様比較
デジタル一眼レフカメラ
機種別評価
ニコン
ニコン D50
ニコン D80
ニコン D200
ニコン D2Hs
ニコン D2Xs
キヤノン
キヤノン EOS Kiss デジタルX
キヤノン EOS 30D
キヤノン EOS 5D
キヤノン EOS-1D Mark II N
キヤノン EOS-1Ds Mark II
ペンタックス
ペンタックス K100D
ペンタックス *ist DL2
ペンタックス *ist DS2
オリンパス
オリンパス E-330
オリンパス E-500
オリンパス E-1
ソニー
ソニー α100
パナソニック
パナソニック DMC-L1
クラス別比較
エントリークラス比較
仕様比較
中堅クラス比較
D200 EOS 30D比較
仕様比較
ハイエンドクラス比較
└仕様比較
デジタル一眼レフ価格比較
デジタル一眼レフの歴史